デジタル録画/接続ガイド録る お手持ちのデジタル放送機器の録画機能をチェック。
 







TOP愉しむつなぐ操る録る知る

録画方法について

録画制限について

デジタル放送の番組の録画には以下の制限がございます。

  1. STBで選局したチャンネルを見ながら、STBの別のチャンネルを録画することはできません。

    ※デジ録プラス(TZ-DCH2810)はハイビジョンダブルチューナー搭載のため、STBで選局したチャンネルを見ながら、STBの別のチャンネルを録画することが可能です。

  2. 番組単位で録画制限があります。

    デジ録プラスでは、視聴可能な地上デジタル放送、BSデジタル放送、専門チャンネルの番組の多くは、著作権保護のために、「1回だけ録画可能」(コピーワンス)もしくは、「10回までのダビング可能」(ダビング10)のコピー制御信号をつけて放送され、デジタル録画機器(D-VHSやハードディスクビデオレコーダーなど)への録画制限がかかっています。

    各番組の録画制限については、番組視聴中または番組表画面で該当する番組を選択中にSTBの「番組内容」確認機能にて確認できます(詳しくはSTB取扱説明書をご参照ください)。

    コピー制御信号に対応していないデジタル録画機器(HDD/DVDレコーダー等)では、「1回だけ録画可能」、「10回までのダビング可能」の番組の録画、「1回だけ録画可能」、「10回までのダビング可能」で録画された番組の再生ができない場合があります。
    録画制限には 「1回だけ録画可能」、「10回までのダビング可能」、「録画不可」 があります。
    「1回だけ録画可能」で録画された番組は、他のデジタル録画機器へのダビングはできません。

  3. DVD等のメディアに録画する場合はCPRM対応のディスクをご使用ください。

    機種によって利用可能なディスクが異なりますので、詳しくはご利用の録画機器取扱説明書及びメーカー相談窓口までご相談くださいますようお願い申し上げます。

  4. 録画時の画質について。

    ハイビジョン番組をハイビジョン(HD)画質で録画する際には、デジ録プラスの内蔵HDDに録画いただくか、i.LINK接続した録画機器をご利用いただく必要がございます。デジ録プラスの内蔵HDD、i.LINK接続以外での録画の場合は標準(SD)画質での録画となります。

 

パソコンで視聴(録画)する場合の注意点について
 
コピー制御信号が付加されたデジタル放送については、パソコンでご視聴いただけない場合があります。また、「1回だけ録画可能」、「10回までのダビング可能」の番組であっても、著作権保護への配慮からハードディスクに録画できない場合があります。パソコンでの「1回だけ録画可能」、「10回までのダビング可能」の番組視聴可否・録画可否につきましては、ご使用パソコンのメーカー様までご確認くださいますようお願い申し上げます。

STBで操作できるi.LINK対応機器について(BD-V370を除く)

当社が提供するSTBは、i.LINK機能を使用して以下の対応録画機器の基本的な操作・連動録画等を行うことができます。

i.LINK搭載STB:
TZ-DCH520(デジタルプラス)/TZ-DCH2810(デジ録プラス)


対応機種についてはこちらのメーカーサポートページをご覧ください。

ご注意
 
本内容は各メーカーが提供する情報に基づいておりますが、その録画動作や機能を保証するものではありません。
パイオニア製STBはi.LINK端子を搭載しておりません
Panasonic製ブルーレイディスクレコーダー、DVD/HDDレコーダーの各機器とのi.LINK接続は、PanasonicにてTZ-DCH2810/520との動作保証をしています。
上記以外の型番のPanasonic製ブルーレイディスクレコーダー及びDVD/HDDレコーダーはSTBとのi.LINK接続に対応していないことがございます。
D-VHSモード:D-VHSビデオデッキとしてSTBが認識します。録画機器の操作はSTBのリモコンと録画機器のリモコンで行う事ができます。
ディスクモード:ハードディスクレコーダーとしてSTBが認識します。録画機器の操作はSTBのリモコンのみで行う事ができます。

 

参考情報
Panasonic サポート情報 [i.LINK接続可能機種について]
http://panasonic.biz/broad/support/catv/

I-O DATA [Rec-POTシリーズ 動作確認済みチューナー]
http://www.iodata.jp/pio/prod/multimedia/hvr-hdr/

STBで操作できるIrシステム対応機器について(BD-V370を除く)

当社が提供するSTBは、Irシステム(赤外線)機能を使用して以下の対応機器へ録画連動動作を行うことで、より簡単に予約録画ができます。

  1. 下記メーカーのビデオデッキ

    松下 ビクター 東芝 三菱 三洋 シャープ ソニー 日立 アイワ NEC

    一部使用できない商品もあります。
    1989年発売以降の松下製ビデオデッキのみ「タイマー予約」「連動予約」機能に対応しています。
    他メーカー製ビデオデッキは「連動予約」機能のみご利用可能です。
  2. Panasonic製 DVD/HDDレコーダー

    「タイマー予約」「連動予約」機能に対応しています

  3. パイオニア製 DVD/HDDレコーダー

    「連動予約」機能のみご利用可能です。「1回だけ録画可能」、「10回までのダビング可能」に対応していない機種は録画できません。

  4. 三菱製 DVD/HDDレコーダー 

    「連動予約」機能のみご利用可能です。「1回だけ録画可能」、「10回までのダビング可能」に対応していない機種は録画できません。

ご注意
 
本内容は各メーカーが提供する情報に基づいておりますが、その録画動作や機能を保証するものではありません。