サポート

【TCN インターネット】メールシステム利用方法

 ■付加機能の利用方法
新メールサーバでは以下の付加機能を提供しています。設定は専用ホームページから行ってください。

専用ホームページ : https://mail-sys.tcn.ne.jp

.
機能
設定方法
メールパスワード変更
テレビトクシマが発行した初期パスワードを変更できます。
蓄積メール削除
サーバにある全てのメールを一括削除することが出来ます。
メール転送機能
5箇所までメールの転送設定が出来ます。
迷惑メールラベリング機能
迷惑メールを自動判別し、タイトルに「SPAM」の文字をつけて配信します。
メールウイルスチェック機能 特に設定の必要はありません。
@Internet Explorerを起動し、アドレス(D)へ「https://mail-sys.tcn.ne.jp」を入力し、移動を押してください。環境設定メニューというページが開きますので、お客様のメールアドレスとメールパスワードを入力し、「ログイン」ボタンを押して下さい。

メールアドレスには「@」以降も全て入力してください。

A 正常にログインが出来ましたら左のページが

表示されます。

各ボタンを押して作業を行ってください。

「パスワードを変更する」場合はBへ

「蓄積メールを削除する」場合はCへ

「転送先設定を変更する」場合はDへ

「スパム対策オプションを設定する」場合はEへ

【パスワードの変更】

B パスワード変更画面です。現在のパスワードを「旧パスワード」に入力し、変更後のパスワード(お客様が考えられたもの)を「新パスワード」「新パスワード(確認)」に入力してください。変更ボタンを押すと変更完了となります。

入力の際の注意事項

・ 半角で入力ください。

・ 大文字と小文字は区別する必要があります。

・ 新メールパスワードは旧メールパスワードと同じものは入力できません。

【パスワードの文字制限について】
・ 半角アルファベットの大文字、小文字、半角の数字が利用できます。
・ 6文字以上12文字以内でご指定ください。

変更後のパスワードは当社ではわかりませんので、必ずお客様自身で控えておいてください。また、パスワードがわからなくなった場合はご連絡ください。いったん初期パスワードに戻させていただきます。

【蓄積メール削除】

C メールソフトで「メールをサーバーに残す」と設定した場合、既読メールがサーバーにたまり続けます。不要になったメールを削除したい時ご利用ください。メールサーバにあるすべてのメールを削除することができます。

“特定のメールだけ残す”ということはできませんので削除する際はご注意ください。削除したメールは復旧できません。

【メール転送】

D お客様のメールアドレスに届いたメールを最大で5つまで他のメールアドレスに転送することが可能です。「転送先」欄に転送させたいメールアドレスを入力してください。入力し終わったら、変更ボタンを押し、設定を有効にしてください。

転送した後にサーバーにメールを残す。残さないどちらかの設定ができます。残すにしておけば、サーバーにメールが蓄積されますので、メールの蓄積容量にご注意ください。

転送先5の時間指定をされる場合は、その時間帯のみ転送設定が有効になります。

【スパムメールラベリング】

E ここでは、スパムメールラベリングのON/OFFを変更することができます。ONにすれば、スパムメールと判断できるように件名に[SPAM]とついてメールを配信するようになります。

※スパムメールラベリング機能をONに変更する場合には、スパム対策オプションサービス規約の内容をよくお読み頂き、ご了承頂ける場合のみ設定をONにしてください。

ラベリングされた迷惑メールは、メールソフトの振り分け機能で、他のメールと仕分けしやすくなります。

【参考】
迷惑メールの自動振り分け方法(Outlook編・PDF)

※スパムメールラベリング機能は、全てのメール対し100%正確にラベリング出来る訳ではございません。特に、添付ファイルに日本名のWordやExcelのファイルがあると、誤ってラベリングされる事があります。SPAM 認定されたメールでも、一旦は内容確認してから削除するよう心がけてください。